ニコレット以外の禁煙補助剤はだめ?

禁煙補助剤として広く利用されているのがニコレットです。これはガムタイプの禁煙補助剤であり、ニコチンを吸収できるのが大きな特徴です。
禁煙をしてニコチン不足の状態になると様々な離脱症状が発生します。離脱症状が起こることで吸いたい気持ちが強くなりますが、そんな時に対策として有効なのがニコレットです。離脱症状が起こるそもそもの原因はニコチン不足ですが、ニコレットで少量のニコチンを補うことで症状を出難くすることができます。それによってタバコを求める気持ちを和らげることができますし、禁煙のサポートとして役立ってくれることでしょう。
ニコレットは禁煙補助剤の中でも特にポピュラーな存在ですので使用者も多いのですが、しかし他にも禁煙補助剤はありますし同様に役立ってくれます。
禁煙補助剤としてはニコチンパッチもあります。ニコレットはガムからニコチンを吸収するというものですが、パッチの場合は腕などに貼っておくだけでニコチンを吸収できるのが大きな特徴です。噛まずとも効果がありますのでガムが使えないシーンでも使用することができますし、またニコレットの場合は噛み方にコツがありますがパッチなら特にコツもなく簡単に使用することができます。
飲み薬タイプの禁煙補助剤も有用な存在です。これはニコレットやパッチと違いニコチンを含んでいません。そして飲むだけで効き目がありますのでさらに使い易い存在と言えます。飲み薬には離脱症状を軽減させてくれる働きのほか、タバコを不味く感じさせる働きもあるのが特徴です。
ニコレット以外にもこういった禁煙補助剤があり、それぞれによって特徴が違っているのですが、どれも有用な存在ですので使い分けて活用していくのが良いと言えるでしょう。