アーカイブ | 5月 2016

  • ナイアシンの重要性と居酒屋での喫煙とニコレット

    煙草にはニコチンと呼ばれる成分が含まれているわけですが、ニコチンは体内に入るとニコチン受容体と呼ばれる脳内物質と結合をし、神経伝達物質のドーパミンが分泌されることになります。 ドーパミンは快感物質でもあり、煙草を吸う事で快感や満足感を味わう事が出来るのはドーパミンが分泌されるからだと言います。 また、ニコチンと言う物質は体内に入るとアミノ酸の一種となる、トリプトファンを出発物質として、ニコチン酸が作り出されます。 ニコチン酸は化合物で、水溶性ビタミンの1つでもあるナイアシンで在り、重要なビタミンB郡の仲間になります。 ナイアシンが不足することで下痢や精神障害、口内炎、胃腸障害と言った症状が起きるとも言われている事からも、ナイアシンが生体内生理化学において重要だと言われています。 所で、居酒屋と言うのはサラリーマンの憩いの場とも言われているわけですが、最近は親子連れなどで居酒屋に訪れるファミリー層も増えています。 お酒を飲む場所が居酒屋と言う事からも、従来では未成年者の入店が出来なかったわけですが、親子連れで訪れるお客さんが増えた事からも入店が可能なお店も増えています。 小さな子供なども入店する事からも、居酒屋と言っても店内禁煙や分煙化が進められている店舗も在ります。 お酒を飲む席で煙草を吸えないと言う愛煙家も多いのですが、禁煙をしている人が居酒屋などに行くことで煙草を吸ってしまう事も有るので注意が必要です。 禁煙をしたいけれども中々止める事が出来ない時に利用するのがニコレットなどの禁煙補助剤です。 ニコレットにはガムタイプやパッチタイプなどの種類が有りますが、ニコレットの最大の特徴は煙を利用する事無く体内に微量のニコチンを取り入れると言ったニコチン置換療法となる禁煙補助剤であることです。